ナースバンクは都内ですと飯田橋と立川の2箇所にあります。
現在、病院側にとって看護師は慢性的な人手不足です。
ここで病院側にとっては人材募集の為、看護師にとっては転職の為に紹介会社を活用するパターンが多いです。
しかし、紹介会社の場合、看護師を採用すると病院側は照会料を支払わなければならず、経済的負担がかかります。
そこでナースバンクは無料職業所として一部ハローワークと連携を取りながら看護師の人材確保に努めています。
ナースバンクでは様々な支援が受けられますが、まず最初に登録を行う必要があります。

ここでは臨床経験年数や今持っているスキルなどをナースバンクにいる相談員さんに伝えます。
すると、そこで入力した情報や希望する条件を元にマッチングした求人が複数ピックアップされます。
1度登録すれば、「eナースセンター」というホームページで自宅でも簡単に求人が探せますし、随時、マッチングした求人が自分が指定したアドレス宛に送信されリアルタイムで確認することができます。
求人検索の他にも、様々な支援が受けられます。
まずは、DVD視聴コーナーで心電図や静脈注射、褥瘡の手当等の基本的な看護技術を復習することができます。
尚、DVD視聴は予約制なので、希望する場合は予め電話で確認をする必要があります。
次に、シュミレーターによる採血の練習を飯田橋と立川で体験することができます。
針先が模擬血管に上手く入った場合は逆血の確認もできるのでよりリアルに近い練習を行うことができます。
その他、立川では、静脈注射や吸引の練習をすることもできます。
練習の前はDVDを視聴して実技の基本を復習します。

日程についてですが、立川のナースバンクでは、毎週火曜日に採血・静脈注射の練習を行うことができます。
口腔・鼻腔吸引の練習は第4月曜日に行うことができます。
飯田橋のナースバンクでは毎週木曜日に採血の練習を行うことができます。
どの日程も完全予約制です。
飯田橋では、心電図のモニターを操作する体験もできます。
DVD視聴で心電図の基礎知識を確認し、相談員さんの助言を受けながら操作の練習をします。
この体験をすることで異常な心電図波形とは何かを把握する大切さを再確認させられます。
相談員さんは質問にも丁寧に答えてくれますので、復職への不安も軽減できます。
私のおすすめのサイトがこちらです⇒楽に転職できる?ナース人材バンクについて紹介します!

また、復職支援研修も行っています。
希望者は指定された地域の病院で研修を受けることができます。
研修の対象者は、保健師・助産師・看護師・准看護師のいずれかの資格を持っている人かつ離職中の人であり、
就職先がまだ決まっていない方(東京都の場合はもちろん都内に就業希望をしている方)の条件を全て満たす方です。
尚、研修にかかる受講料は無料です。
研修は全部で4パターンあり、1日コースと5日コース、7日コース、7日助産師コースがあります。
1日のコースでは講義が中心の研修です。
5日コースは模型を使用した演習と病棟実習が加わります。
少しずつ復職に向けた準備をしたい方にオススメのコースです。
7日コースでは病棟での実習が中心となっており、すぐにでも勘を取り戻して就業したい方にオススメのコースです。
実習施設によって開催される日程が異なっているので、事前に直接電話で病院に確認し予約する必要があります。
病院の研修終了後、希望者は訪問看護や施設での研修も2?5日間受けられます。
この病院での研修を受講した人の中で約半数以上が1年以内に看護職に復帰されています。
その他にも、ナースバンクでは東京と立川の両方で毎週火曜日と木曜日(但し祝祭日は除く)に「ミニ就業相談コーナー」を開催しています。
求人施設の担当者が直接来所してくださり、就業相談を行っています。

関連記事

    None Found