発毛クリニックはまず医師の腕前から

発毛剤に頼る事なく行う自毛植毛は、
植毛専門医が1株ずつ手作業で毛根を採取して、移植を繰り返していきます。
採取の時には毛根をメスで切り取るので、頭皮を傷付ける可能性があります。
植毛は何百何千と同じ作業を繰り返すので、
技術が未熟な医師が行うと何十回も頭皮を傷付けてしまう事があります。
クリニックに在籍する医師が、どの程度奨励経験があるのか確認をしておきます。
実際に植毛を行った人が言う不満では、傷跡が気になっています。
腕が確かな医師が植毛を行うと、施術後の傷も時間が経つと目立たなくなります。
半年もすると気にならない程になるが、
未熟な医師が行うと傷跡が目立つだけではなくなります。
切り取り縫合した部分の皮膚が突っ張ったり、
移植した髪の毛が馴染まなかったりします。
身体が異物と勘違いしてしまい、炎症を起こす可能性もあります。

発毛治療を受ける前には設備をチェック!

ただしこれは人口の植毛を行った時に起こる可能性がある事で、
現在主流になっている自毛植毛では基本的にはこのような事は起こらないです。
植毛の元のリスクになるが、植毛の先のリスクもあります。
植毛をする時に力強く押し付けてしまうと、頭皮が凹んでしまう場合があります。
発毛剤と比べるとどれだけリスクが高いのかが分かると思うが、
このようなリスクがないようにしないといけないです。
最悪の事態が起こった事を考えて、事後対策を立てておくのも必要です。
アフターケアやインフォームドコンセント等が充実していると、
万が一の時にも対処がしやすいです。
発毛剤を使わない植毛は比較的新しい治療方法であるので、
クリニックにより使われている器具が異なります。
最新の優れた器具や設備が整っているかどうか、傷を残してしまう可能性があります。
事前にホームページ等で、院内設備をチェックしておきます。
植毛は頭皮から毛根を抜き取り選別を行い、薄毛箇所に移植する手術方法です。
選別作業中の毛根は仮死状態にあるので、
短期間で移植する回数が多い程術後の定着率を高めてくれます。

この作業をクリニックがきちんと説明を行ってくれるかは、重要な判断になります。
美容整形では事前にイメージしていた姿と術後の姿が異なる場合があり、
患者が不満を持つ事が多くなり問題になりやすいです。
植毛であっても術前に画像等を使って完成後のイメージをきちんと説明してもらう事で、
高い料金を支払い長い時間がかかるので担当の医師には疑問に思う事は
積極的に質問をして答えてもらいます。
納得のいくまで、何回も説明をしてもらいます。

参考サイトはこちら⇒

まとめ

現代は1人一代スマホを持っている時代であるので、ホームページも簡単に見られます。
ホームページには、具体的に症例の写真等が掲載されているので
術前や術後の頭皮を比較しやすいです。
植毛した後の髪の毛がどのようになっているのか1か月ごとの画像が乗っているので、
多くの画像が掲載されているのでイメージがしやすいです。
このような判断基準を参考にして、患者を大切にしてくれるクリニックを選びます。
発毛剤以外の選択肢が出来て、適切な処置が施してもらえるようになります。

またメンテナンスも必要になり、1年に1.2回行う必要があります。
このため、クリニックへの通いやすさも考えないといけないです。
交通の便等や自宅からの距離等を考えて、選んでいきます。
あまり遠いと交通費がかかったりするので、
なるべく自宅から近くに良いクリニックがあればそこにするのがお勧めです。
万が一の事があった時も、直ぐにクリニックに行きやすくもなります。
料金も重要で相場を知って、安すぎない所を選ぶ事です。
安いと何か問題があるので、あまり安いからと料金に飛びつく事がないようにします。

関連記事

    None Found