樹木葬とは

樹木葬とは、普通のお墓と違って、木の下などに遺骨を埋葬することで、それで自然に帰ることができると考えられています。一人について1本の木に埋葬する場合もあれば、複数の遺骨を一緒に埋葬する場合があります。複数の遺骨を埋葬する場合には、一つの骨壷の中に一緒に混ぜて埋葬することになり、合同埋葬のような形になります。霊園の敷地にある木の下や、自然の木の下などに埋葬することになり、とても自然と一体化した感じがして近年好まれている埋葬の仕方の一つです。

樹木葬の費用はどれくらいかかるか

埋葬場所が霊園の公演だったり里山だったりすることで値段も変わってきますが、墓石が必要ないので、その分費用はかなり抑えられます。墓石が必要なお墓は200万円くらいかかるのが普通ですが、樹木葬は20万円くらいから、高くても70万円くらいで埋葬することができるのです。石のプレートをつけたりすると別途費用がかかりますが、それでもお墓を作るよりはかなり安くできるので、経済的に負担が減ってくれるので、好まれています。

樹木葬で気をつけること

樹木葬は管理された敷地内でのみ行うことができるので、普通の木の下や公園などでは違反になってしまいます。近所の山に勝手に埋めたりすると法律違反になってしまうので、気をつけなければなりません。また、埋葬の時には埋葬許可書が必要です。また、散骨する場合などは骨が残らないことになりますので、そのことをよく理解しておく必要があります。それに、一度埋葬した遺骨は取り出せなくなることも覚えておくべきことです。


詳しいご説明は樹木葬が安心です




樹木葬のメリットとはどんなことがあるか

普通のお墓だと代々継承されていくものですが、樹木葬は一般の永代供養と同じようになっていて、後を継ぐ人がいなくなっても供養されるということになって、安心感があります。最近は家族の数が少なくなって、お墓を継ぐ人がいない家もあるので、樹木葬はそういう場合にとてもいいことだと思います。お一人様や夫婦だけの場合など、永代供養が必要な時にはとても便利なものですし、後々のことを心配する必要がありません。シンボルツリーを1本植えて、その周りに遺骨を埋葬する方法が一般的です。民間の樹木葬で一般的なのは、お寺などの敷地内の木の下に埋葬することです。

需要と供給がまだ間に合っていません

樹木葬にしたいと望んでいる人が多いのですが、その施設が揃っているところが少なく、今は申し込みをしても抽選になったりして、その倍率が結構高かったりするのです。樹林型合葬埋蔵施設(樹林墓地)では、当選倍率が10倍ということになっています。永代使用料は5万円から200万円となっていて、その差はかなり大きいものです。ごく狭いスペースを使って埋葬するので、お金がそれほどかからないところが樹木葬がポピュラーになりつつある原因でしょう。それに、墓石がありませんから、それだけの費用も必要ありません。一度埋葬すれば維持費もかかりませんから非常にリーズナブルな値段で埋葬することができるのです。

生前から決めることができます


樹木葬は生前から気に入ったところを決めておくことができるので、安心です。樹木葬ができるところの資料を請求して見学に行き、自分が眠るところとして気に入ったところを探して回るのもいいものです。生きているうちに自分で自分のことは決めておきたいと思う人なら、やっぱり樹木葬がいいでしょう。気に入ったところが見つかったら、契約してお金を払っておきます。亡くなった後には火葬場で火葬された後、埋葬許可書を持って樹木葬を契約しているところに遺骨を持って行って、埋葬してもらうことになります。

関連記事

    None Found