造園とはけしてそれほど頻繁に行うというものではありません。しかし、庭造りをしたからといって、それで終わりというわけにはいかないといえるでしょう。庭造りをした後には、草木の剪定や、植栽の植え替えなどは定期的に行っていく必要があるといえるでしょう。このため、造園業者の場合には、その造園のノウハウがあるというのはもちろんですが、長年にわたってお付き合いをしていくことが出来るかどうか、また庭のメンテナンスに関しても柔軟に対応をしてくれるかどうかという点をチェックする必要があります。そこで、造園のメンテナンスを行う上で、業者選びについて気をつけなければならないことについて詳しく見ていきましょう。

造園業者は地域密着型かどうか

造園を行うと、庭を作った最初のうちは綺麗であったとしても、お手入れやメンテナンスをしないことには、年月が経つにつれて、徐々に色んな問題が出てくる可能性があります。そういったときにも、しっかりとフォローをしてくれるような、地域密着型の造園業者を最初に選んでおくことで、いざというとき、相談をしやすくなります。

また、お住まいの近くにこういった造園業者があれば、すぐに相談をすることが出来ますし、スタッフに何かあればすぐに駆けつけて貰うことが出来たりと、その時々に合わせて、柔軟に対応をしてもらうことが出来ます。さらに、ご近所からの評判も良かったり、地域の人から信頼されているような造園業者であれば、安心してお任せできる可能性は高いです。

造園業者は資格者の有無、対応を細かくチェック

造園を行った後にも、メンテナンスをしっかりとしてくれるかどうかは、その資格者の有無などもホームページでチェックをしてみる必要があります。たとえば、1級造園技能士や1級造園施工管理技士などの資格を持っている場合には、庭造りのプロとしての技術をしっかりと持っていて、腕が確かであることが多いです。さらに、豊富な実績を持っている業者であるほど、メンテナンスなどのフォローもしっかりとしていることが多いので、こういったことを基準にして選んでみることをおすすめします。

また、気になる業者があれば、電話やメールなどをして、その対応を見てみるようにしましょう。ちょっとした悩みに関しても、きちんと対応をしてくれるかどうか、庭造りのアドバイスなども熱心に、そして一人一人のスタッフが、丁寧に行ってくれるか、そういった点もチェックする必要があります。



やり方はコチラの福岡 造園で確認ができます


定期的なメンテナンス以外にどういったことを行ってくれるのか


造園を行っている造園業者では、定期的なメンテナンスがある業者もありますが、中には、一度庭造りをしてしまえば、そのまま知らん顔…という業者も存在しています。このため、最初にしっかりと対応をしてくれる造園業者を選ぶことによって、ちょっとした庭の悩みも相談することが出来て、対処をしてもらうことが出来ます。たとえば、庭の悩みに関しては、木の一本を剪定してもらいたいという場合もあるといえるでしょう。そういった場合にも、対処をしてもらうことが出来るのかどうかという点をチェックしてみましょう。

また、芝生の育ちが悪かったり、草木が枯れてしまう…ということも造園後に起こりえるトラブルです。こういったトラブルにもどこまで対処してもらうことが出来るのかという点をチェックするようにしましょう。良心的な造園業者の場合には、無償でこれらのトラブルに対処してくれるところもありますが、造園が終わった後には全て有料になってしまうことがあります。造園業者によってこのあたりのメンテナンスなどのフォローの違いがありますので、気をつけるようにしましょう。

関連記事

    None Found